読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出力を入力へ

プログラミングに関する基本的な事を中心にまとめます

ゲストOS(Windows10)からmicroSDカードリーダの認識に失敗した

Raspberry Pi2でWindows 10 IoTを動かそうという目標に対して VMのWindows10を利用しようという話。

結局Windows10 IoTまで話が進まず、 ゲストOSにSDカードリーダを認識させることができずに 失敗しています。

ホストはUbuntu 14.04、ゲストはKVM上のWindows10 Pro。 ホストにELECOMのSDカードリーダMR-K011を接続してみた。

ちなみにSDカードにはTranscendのmicroSDXC (64GB)を使用。

まずホストに接続した時点でexfatが読めなくてエラーが出る。

f:id:thaim:20150813235127p:plain

linuxではexfatは標準で読めないのでこれは想定通り。 ゲストに接続してしまえばこれは関係ないだろうと ホストからはアンマウントし、ゲストに接続しました。

ちなみにゲストへの接続方法はUSBホストデバイスの追加。 lsusbコマンドなどでどのデバイスを追加すべきか確認した上で選択。

f:id:thaim:20150813235820p:plain

すると何かしらのデバイスが接続されたことは ゲストOSからでも確認できる。

f:id:thaim:20150814000154p:plain

このMass Storage Deviceが目的のSDカードリーダであることは確かなのだが 残念ながらこいつを利用可能にできなかった。 念のためにトラブルシューティングからドライバの再インストール を実行してみるも解決せず。

もともとWindows10はサポート外なのだから ドライバ不足と言われると何もできないのだが。 これがWindows10用ドライバを原因とする失敗か、 ゲストOSとの接続に関する失敗なのか 原因を切り分けることができなかった。

SDカードリーダの接続に関しては楽観視していただけに もう少しWindows10での動作実績があるものを選べばよかったかと反省。 とはいえ、Windows10対応のものはまだ発売されていないだけに難しいところ。