出力を入力へ

プログラミングに関する基本的な事を中心にまとめます

GoCon 2019 Springに参加しました

半年に1度のGo言語に関するカンファレンスのGo Conference 2019 Springに参加しました.

自分はGo言語は読む方がメインで,少し書く程度というGo言語初心者. そんな自分でもカンファレンス発表内容はGo言語自体の話だけではなく, Go言語を用いたソフトやシステムの話など幅広いトピックを扱っており, 非常に刺激になった.

gocon.jp

gocon.connpass.com

以下自分が聴講したセッション

keynote: Go Module Proxy Life of a Query

github.com

go modulesの話はなんとなく知っていた程度なので, 正直なところ概要しか理解できなかったのが残念だった. 発表のKatieさんの英語は聞きやすかったけど,前提知識が異なる場合は自分の英語力もまだまだだと実感した. 特にChecksum Databaseの話が難しかった.

前提知識としては,公式のブログ記事を 理解しておけばもう少し楽しめただろうか? とはいえ,Mirror (module proxy) の話は面白かったし, どの程度データ量等削減されるのかは試してみたい.

A1: Case Studies of designing developer friendly libraries

speakerdeck.com

内容としてはGo言語に限らない話で,かつGo言語の場合は特にどうなのかしっかりまとめられていた. なので自分みたいなGo言語以外をメインに利用している人には特に刺さると思った. 実際, context.Context の話とか自分の実装は適当だったなと反省した.

B2: エラー設計について / Designing Errors

docs.google.com

エラー設計はまさに悩んでいるところだったのでちょうど良い内容だった. failure とその設計思想を知れたのはよかった. 一方で自分で書くgoアプリは小規模なものなので,エラーハンドリング用パッケージの導入まで必要かは検討の余地がある. このあたりはいろいろ試行錯誤してみたい.

A3: Goによる外部プロセス起動ベストプラクティス及びtimeoutパッケージ徹底解決

songmu.github.io

goの外部プロセス停止に関する仕組みを調査・実装する上で, オフィシャルの見解の確認やGNU timeoutをベースとした知見の流用など, 開発の取り組み方がすばらしいと感じた. おまけにあたる終了コードを正しく取得するという内容も, 自分もきちんと考えていなかったことを再認識したので聞けて良かった.

A4: Design considerations for container-based Go applications

speakerdeck.com

どちらかと言うとコンテナの話がメインで,基本がしっかりと抑えられていた. 一方でGoの方はあっさりと結論だけ示されている形式だったので, Go初心者の自分としてはもう少しこのあたりの試行錯誤などが気になった. 実際に自分で実装するとき,他の実装方法やPros/Consがないかは自分でいろいろ考えてみたい.

A5: Expand observability in Go

docs.google.com

パフォーマンスチューニングの話は現状まったく取り組めていないので とっかかりになればいいなと考えていたけど, パフォーマンスチューニングの基礎から実際にどのように取り組めばよいか, デモ付きで話を聞けたのはすごくよかった. 忘れないうちに実践してみたいところ.

H6: Dive into Buildkit LLB with Go

speakerdeck.com

Dockerイメージ生成のはなしは概要レベルでしか把握できていなかったのでそれが ソースコードレベルで知れたのはよかった. Dockerfileの静的解析の話とかは度々出てくるので, 実際に手を動かして試してみるためのとっかかりになりそう. Docker / BuildKit は自分がGo言語を始めるきっかけでもあったので このレベルで理解できるようになりたい.

H7: We want AWESOME CLI tool & development

speakerdeck.com

Golden fileについては知らなかった. 参考となるリポジトリを複数挙げていたのは 実際に自分が実装するときの参考になるので助かる. 複数プラットホームにおけるHOMEの取得は, 標準でも対応しているみたいなので別途確認しておきたい.

B8: CPU, Memory and Go

speakerdeck.com

あまり詳細なGo言語の実装等の話になると理解できなくなるから困るなと心配していたけど, 計算機の基礎からC言語との比較までと,自分が理解できるちょうどいい内容だった. むしろ最近はこの手の話から遠ざかっていたのでいい復習になった. メモリの話がメインだったのでもう少しCPUや実行速度の話が気になった.