読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出力を入力へ

プログラミングに関する基本的な事を中心にまとめます

Firewallの検証にncコマンドを利用する

最近firewall(iptables)の設定をいじる事が多かったんだけど
その変更の検証が結構面倒だった。
今回はその検証にncコマンドを利用したのでメモ。


ncコマンドはTCPまたはUDPで簡単な通信を実現する。
2つのPC間でncコマンドを介してメッセージを送受信させることで
iptablesが動作しているかを検証できる。

受信側は以下のようなコマンドで実行する

nc -lkv 1234

引数について

  • lはlistenモード(受信モード)にて実行する
  • kは1度メッセージを受信してもコマンドを終了しない
  • vはverboseモードとして接続元アドレスを出力する
  • 数字が受信するポート番号

送信側は以下のようなコマンドで実行する

nc 192.168.0.15 1234
...
...

引数について

その後、標準入出力に適当なメッセージを入力すると
受信側の標準出力に入力したメッセージが表示される。


また、デフォルトではTCP通信するので、UDPをしたい場合は
送受信の両方で-uオプションを指定すればよい。